再審についてのQ&A  (https://admin.shop-pro.jp/?mode=product_edt&type=INS)

「起訴されると、対象者は「被疑者」から「被告人」に呼び名が変わり、刑事裁判を受けることになります。 そして、日本の刑事司法では、起訴されれば統計上は99.9%の確率で有罪となってしまいます。
再審についてのQ&A
(https://admin.shop-pro.jp/?mode=product_edt&type=INS
再審についてのQ&A
Q1 なぜ一回終わった裁判をやり直す必要があるの?
Q2 今の日本の裁判で、間違いが起きることなんてあるの?
Q3 刑事裁判って、すべての証拠を裁判官が見て判断しているんじゃないの?
Q4 弁護士は、捜査機関(警察や検察)が集めた証拠を全部見られるんじゃないの?
Q5 捜査機関が、証拠を隠すことなんてあるの?
Q6 捜査機関は、なぜ重要な証拠を隠そうとするの?
Q7 悪いことをしてなければ、逮捕されたり裁判で有罪になったりすることなんてないんじゃない    の?
Q8 今までに、裁判のやり直しが認められて、無罪になった人はどのくらいいるの?
Q9 裁判のやり直しが認められて無罪になった人たちの裁判は、どのくらいの時間がかかったの?
Q10 裁判のやり直しを決める裁判は、他の刑事裁判みたいに、誰でも見ることができるの?
Q11  再審の手続って、どのように進んでいくの?
Q12 やり直しの裁判(再審公判)を早く始めるために、再審開始決定に対して検察官の不服申立てを禁止すべきっていうけど、それって公平なの?

最高裁が変われば日本は変わる」デジタル書籍CD販売
12年前に再審請求をするため1審の時の弁護士事務所を訪ねた。保険会社には再審の費用は出せないと言われた。再審の費用は申請時に50万円勝訴したらまた50万円+消費税=105万円だった。今回はIT技術の急激な発達でHTMLを知らなくてもこのようなECを公開できた。200万円ぐらいの書籍CD販売ができたら再審請求できるかどうか解らないが日本を変えるために挑戦したい。
販売価格 1,320円(税120円)

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

喜屋武 善和

「カラーミーショップ」でホームページを作っています。いろんな便利な機能があるのですが使いこなすのに時間が掛かり開店がかなり遅れています。古酒泡盛を中心とした単価の高い古酒泡盛の購入時にスナック菓子やおつまみ等の商品を大きめの箱(140サイズ)に日常雑貨を同梱できれば送料の負担が軽くなるのではと考えました。沖縄は台風などあり離島や県北部では粉ミルクが無くなる、コンビニで手軽に買えるスナック菓子やおつまみなどが高いなど生活苦があります。よくある但し書き「北海道と沖縄は除く」など良い商品を安くでは買えない状況にあります。2024年問題も配達の工夫(置き配ボックスの設置義務可)などありますが主に都市部の事で配達の少ない過疎地ではコンビニの利便性は無いでしょう。 沖縄からの発送は全国一律です。菓子類や県産品の仕入れも対象が多くて時間が掛かっています。期間限定で古酒泡盛のみ特価で提供します。値下げ額は常識を越えています。 それでも利益は出せます。送料を2倍にします。送料無料は大手ECモールへの対抗手段です。送料無料では中小企業は利益が殆どありません。 「安心してください、利益は入っています」 古酒泡盛激安